株券売買

株券とは、企業が事業などを行うための資金を集めるために、株式の仕組みを利用して発行するものになります。
株式とは、企業を運営する際に、投資家に資金を求めて出資者になってもらうことで、企業が上げた利益の一部を受け取る権利と、企業の経営に関する決議に伴う権利などを与えるもので、この際にそうした権利を持つ証として、有価証券である株券を発行するものになります。

つまり、この株券を保有するという事は、その会社の株主、いわゆる共同オーナーの一人になったことを意味し、企業が上げら利益から配当金という形でその利益の分配を受ける事が出来、また、この株券を大量に保有することによって、企業に対してのさまざまな発言権などを得る事にもなるのです。

このような特徴を持つ有価証券である株券を、売買取引するものが株券売買であり、株式取引や株投資などと呼ばれることもあります。トレーディングのみでなく、商品によっては入出金の利便性が重要となるハイロー取引があります。



株券を利用した売買では、主に二つの方法で利益を得る事ができ、これを利用してわたしたちは投資取引を行い、これを用いることによって、自らの資産を運用して増やしていくことが可能となっています。

このうちの一つは、先ほどの中にあった株券を購入して株主となった場合に与えられる権利により、配当金を受け取る方法になります。
配当金は、多くの企業では年に二回ほどの支払われることになりますが、企業の業績が悪化している場合には、配当金が少なくなったり、詩は割られないという事も起こることがあります。

株券売買を利用した投資取引のもう一つは、証券取引所が開いている株式市場を利用した売買取引になります。

わたしたちが証券会社などで購入することができる株券は、証券取引所で取り扱われている上場株になり、上場株とはそれを発行する企業が、一定の基準を満たし且つ証券取引所の審査を通過したものとなっています。

この上場株は、株式市場での取引の公正性を保つために、その企業の決算状況などを知ることができ、市場に参加する投資家たちはこうした情報を売買取引の参考としているのです。

株式市場では、こうした上場企業の株が銘柄として売買取引されており、不特定多数の市場参加者がそれぞれ一定の取引ルールに則って、株銘柄に対して売り注文と買い注文の条件を出し合い、これが一致した状態になれば取引が成立して株券と対価である資金との交換が行われることになります。

このような株式市場では、株銘柄の価格が決められておらず、需要と供給の関係によって常に変動をしています。
株券売買での投資では、この株相場の変動を利用し、株券を安く買って高く売るという事を行い、そこから売買差益を求めていくこととなるのです。