デメリットが起こることを理解して株券売買を行ていく

株券売買によって、株券を保有し株主になることによって、わたしたち投資家はさまざまなメリットを受ける事ができ、このメリットを有効的に活用することによって、資産を運用していくことが可能となります。

しかし、この株券売買の取引にもデメリットが存在しており、利用の仕方を失敗してしまうと、わたしたちに損失が及ぶことがあるため、こうしたデメリットが起こることを理解して株券売買を行ていくことが、リスクを回避する最善の方法の一つになります。

株券売買では、株式市場での売買取引を利用して利益を上げる事ができ、株券売買を行っている多くの投資家たちが、この方法を使って投資取引を行っています。
株式投資の基本の取引ルールは簡単なもので、基本的には一般の買い物と変わることはなく、商品を安く仕入れて高く売る販売店舗と同じように、株券を安く購入して高く売ることによって利益が出ることになります。

この取引の際に、株券の価格が高くなるか安くなるかを決めているのが、株式相場という事になり、株券売買で利益を上げるためには、株式相場の動向を見極めなくてはならないのです。

もちろん、投資取引の理想形としては、取引を行う株券が安くなっているときに購入し、高くなった時点で売る事になりますが、株式相場の動向を読み間違うことによって、安く買ったはずの株券の価格がさらに下がることもあり、こうした状態で株券を売ることになってしまえば、投資した資金が少なくなってしまい損失を被ることになるのです。

株式相場の動向はその予測が難しく、いろいろな要素が絡み合ってその価格が決定されていきます。
例えば、経済の動向を判断する経済指標の発表などや、海外などで発生する経済危機などによって影響を受ける事は有名で、近年で最も知られているのはアメリカで生きたリーマンショックによる世界の株価の同時暴落になります。

こうした事により、株券売買では常に利益を得る事は難しく、必ず損失を被る可能性があるというデメリットがあることを理解しておく必要があります。

また、株券は企業のオーナーの一人として出資を行うという形で購入するものになっているために、企業が万が一、経営破たんなどを起こして倒産などをした場合には、購入した株券がすべて無効になり、投資していた資産がすべて失われるという事も起こり得ます。

企業に融資という形で出資をおこなう債券とは違い、株券の場合には元本が償還される保証がない事が特徴となっているために、出資をした企業が倒産してしまえば、株券に投資をしていた資産はなくなってしまうのです。